2005年12月27日

ハリーポッターと炎のゴブレット

朝っぱらから「ハリーポッターと炎のゴブレット」を観て来た。
友達とその友達の子と3人で。
ハリポタシリーズは、いつもこの親子と観に行ってるから、
吹き替え版ということで、朝が早いのだ。

んー、いろいろと不満はあるが、頑張ったんだねって感じ。
最初から、あの内容を全て盛り込むのは無理って思ってたんで、
どんなはしょり方をするかなって目で見てたんだけど・・・(^^ゞ
これは、仕方がないことかもしれないけど、役者が不満。
チョウ・チャンを筆頭に、フラー・デラクール、ビクトール・クラム。
本で読んでいた時のイメージとは、程遠かった(滝汗)

イギリス人の「東洋の美しい人」というのは、どうなの?
チョウ・チャンにしてもフラー・デラクールにしても、
有無を言わせないような美しい人を使って欲しかった。
それに、ビクトール・クラムがゴリ系って・・・。
ハーマイオニーが傾くんだから、もっと華やかなスター性の
ある人にして欲しかったな。

本の濃さに対して、映画は時間的に無理があるから、内容に
ついてはいつも頑張ってるなって思うけど、配役はなぁ。
シリウス・ブラックで、思いっきりガッカリさせられてんだから、
もう、あまり期待しなきゃいいものを・・・。
ああ、次回作はまたあのシリウスが出てくる。
もう、映像はイヤと思いながらも、また観に行っちゃうのよね。
あのシリウスは辛いわ〜〜(T.T)
posted by Q at 22:24| Comment(2) | TrackBack(2) | Qの生態記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
(⌒▽⌒)アハハ! Qさまも読んでるのね。
あたしも前作までは、映画みましたが
今回はやめにしました(; ̄ー ̄川 アセアセ

前作でも、ちょっとイロイロ納得もいかず
もちろんあたしも、あのシリウスは・・ねぇ・・・。
いやいやそれよりも、読んでなければ内容が
よくわからないって感じもあるし、大事な複線を
どーしてはしょるのだ? 何か間違ってるぞー。
とか・・・・そしてなによりも、魔法学校内で
どーして私服が多いのだ? なんのために?
あぁぁぁぁ。言い出すとキリがないかも・・・

監督がかわったのが問題なのかも・・・・とか
やっぱりイロイロフツフツと思ってます(^^;

でも、映画のCMでちらっとみたロンは
かなりイイ感じになってて、それは見てみたいような
・・・・・・あぁ。不埒なあたし・・・
Posted by くれないしおん at 2005年12月27日 23:47
読んでるのよぅ〜。
小説って、次いつ出るか分からないものが多いでしょ?
だから、次を待ってしまうようなモノには
ハマるの止めようと思っているんだけど・・ねA^_^;

映画・・・ねぇ、映画。
まぁ、映画だけ観ても筋は分かると思うけど、
いろんなことが唐突だよね。
時間が足りないんだから、伏線の部分をはしょるのは
分かるんだけど、サックリ丸ごとはしょられちゃうとね。
ホント、言い出すとキリがないよ。
毎日長文で書いて半月、ヘタすりゃ一ヶ月かかるわ。

ロンを含め、3人ともいい感じだったよ。
とりわけ、ネビルの成長が著しかった。
誰?とか思っちゃったもん(笑)
Posted by Q at 2005年12月28日 00:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11095336
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ハリーポッターと炎のゴブレット その3
Excerpt: ●私がやっている映画サークル『私利滅裂』(多分、6周年目)恒例の映画ポスター無料配布を今回も実現しました。一番最初にやったのは『ハリーポッターと賢者の石』でした。広島コ..
Weblog: 映画鑑賞&グッズ探求記 映画チラシ
Tracked: 2005-12-28 02:18

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人
Excerpt: クリスマススペシャル第5弾! 今日「ハリーポッターと炎のゴブレット」見てきました。 ハリーたちがそろそろ「お年頃」になってきました。いろいろ衝突もあります。そういったところが見どころかな? ..
Weblog: Yupaのお勧め -アフィリエイト実験サイト-
Tracked: 2005-12-28 18:52
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。